2012年04月19日

泰西王侯騎馬図屏風の謎

泰西王侯騎馬図屏風の謎

神戸市立博物館の壁が今週末から開催される「神戸市立博物館開館30年記念特別展 南蛮美術の光と影 泰西王侯騎馬図屏風の謎」になっていました。

神戸市立博物館も開館30年を迎えるんですね。

泰西王侯騎馬図屏風の謎

16世紀半ばから17世紀前半にかけて、日本とポルトガルやスペインとの交流によって生まれた南蛮美術の名品が展示されるとのことです。
泰西王侯騎馬図屏風の謎というタイトルが気になります。
開催期間は、2012年4月21日〜6月3日の予定です。
毎週月曜日が休館日ですが、例外もありますのでご確認ください。





posted by ハイカラ at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | シーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。